献血について
献血にご理解とご協力をいただきまして、誠にありがとうございます。

 

血液は人間の生命を維持するために欠くことができないものです。けがや病気、または手術などで血液の成分が足りなくなったときは、それを補うために輸血が必要となります。

しかし、科学が発達した現在でも、血液は人工的に造ることができません。また、長期間にわたって保存することも出来ません。そのため絶えず誰かの献血が必要となります。

献血は16歳から69歳までの健康な人であればどなたでもお願いできる身近なボランティア。あなたのやさしさは、血液を待つ多くの患者さんの“生きる希望”へとつながっていきます。

  • 血液の知識『血液の組成』
  • 血液の知識『血液型』