献血について
血液は人の生命を維持する大切な役割を担っています。

 

人体に必要な要素である酸素やホルモンを運ぶ大切な役割を果たしているのが、体内に流れている温かい血液です。血液と抗凝固剤を試験管に入れしばらく放置すると2つの層に分かれます。上層に浮かんでくる液体が血漿で、栄養分を各組織に運んだり、組織呼吸の結果できた炭酸ガスや老廃物を排出する働きをします。また下層に沈殿しているのが血球で、赤血球、白血球、血小板からなり、体内で循環している時は血漿約55%、血球約45%です。この血漿と血球は、どちらも人間の生命を維持するために大切な役割を果たしています。


血漿(液体成分)

■血漿
[性状]91%は水分で、固形成分は約9%。固形成分の主なものはアルブミン、グロブリン、血液凝固因子などのタンパク質です。この他、無機塩類、糖質、脂質を含みます。
[働き]組織呼吸の結果できた炭酸ガスを肺へ運び、空気中へ放出します。また栄養分を体内の各組織へ運び、そこで生じた代謝老廃物を腎臓から排出したり、血圧の保持に役立っています。

血球(有形成分)

■赤血球
[性状]成人では血液1μLに男子で約500万個、女子で約450万個、幼児約690万個。寿命は骨髄でつくられて脾臓で壊されるまで約120日間です。
[働き]肺で酸素を取り込み、体の各部へ運搬します。
■白血球
[性状]成人では血液1μLに平均7500個。顆粒球、単球とリンパ球からなり、前者二つは骨髄で、後者は主としてリンパ組織で生産されます。
[働き]顆粒球は細菌その他の異物が侵入した時、貪食作用によりこれらを捕らえ、消化・殺菌・溶解させる等生体の防衛機構に関係しています。そのほか、毒素の中和やアレルギー反応にも関係するといわれています。単球はマクロファージ(大食細胞)に変化して旺盛な貪食能で老廃物や異物を処理するといわれています。リンパ球は免疫と抗体産生に関与しています。
■血小板
[性状]血液1μLに約14〜36万個。大きさは直径約2〜3μmで円盤状です。
[働き]血管の損傷部位に血栓をつくり止血する作用をもっています。
  • 献血の必要性
  • 血液の知識『血液型』