献血について
 平成27年度も多数のご支援をいただき、医療機関から必要とされる血液を、県内の献血により自給自足で確保することが出来ています。
 しかし、現在の岐阜県の血液の使用量は全国平均を下回っているため、今後使用料が増加する可能性も十分にあります。
 常に安定した状態で医療機関へ血液を供給できるよう、一人でも多くの方の、献血へのご協力をよろしくお願いいたします。

全血献血量(献血量)と赤血球製剤使用量(供給量)の年度比較
※採血単位数は各年度の製品化率に準じた数値となっています。
※採血超過分に関しては他県への血液支援で使用されています。